覚えてほしいことは3つだけ!それもすご~く簡単!

その1:水中では常にリラックスする

その2:水中では息をとめない

その3:耳抜きを頻繁にする

たったのこれだけ!後はちょっとしたコツを覚えれば快適なダイビングができます!

その1:水中では常にリラックスすること!!
初めての海の世界。人によっては緊張してしまうかもしれません。適度な緊張感は大切ですが過度の緊張は良くありません。
緊張しすぎると身体に力が入りすぎて水中でバランスを取るのが難しくなります。リラックスして身体の力を抜きタコのようにフニャフニャになると不思議とバランスが取れます!
身体の力を抜いていつも通りに呼吸してもらえれば、それがベストな状態です!!

その2:水中では息をとめないこと!!
なぜ息を止めてはいけないのか?それは気圧が関係してきます。
山や飛行機の中でお菓子の袋がパンパンに膨れていたことはありませんか?
空気は気圧が下がると膨張します。それは水中でも同じです。
水中で息を止めたまま水面まで上がると肺が膨れてしまい肺にダメージを負ってしまうことがあります。(肺の過膨張傷害)
しかし、恐れる必要は全くありません!
何故なら普通に呼吸をしていれば大丈夫だからです!

その3:耳抜きをこまめにすること!!
飛行機に乗ったときや電車でトンネルを通った時などに耳が痛くなったことはありませんか?その時に皆さんが対処している方法が耳抜きです!やり方は何種類かありますが、一番有効なのは鼻を指で塞ぎ耳に空気を送り込んでやることです。鼻を摘みながらゆっくりと鼻をかむ要領です。その時に両方の耳が「ボワ」とか「ブス」とかいえばできています。またはツバを飲んだり、アゴを動かすだけで耳が抜ける人もいます。今試してみてできなくても安心してください。当日にはより細かく丁寧にお教えします!体質や体調によっては抜け辛い人もいますがゆっくりと時間をかけてやれば大丈夫です!!この耳抜きを1m以内に1回、耳が痛くなる前に行うことが大切です。
その他の細かいことやちょっとした技なんかも含め当日ダイビングする前にしっかりとレクチャーいたします!


良くある質問「Q&A」

①「マスクに水が入ってしまったらどうするのですか??」
A:大丈夫です!!簡単にできる対処法をお教えします!!

②「海に入るのは10年ぶりなのですが大丈夫でしょうか??」
A:大丈夫です!!ゆっくりと海に身体を慣らしながら行います!!

③「目が悪いのですがコンタクトレンズでも大丈夫でしょうか??」
A:コンタクトのままで大丈夫です!眼鏡しかない方は事前にお知らせください。度付きレンズをご用意します。

④「山登りの後にダイビングをしたいのですが可能でしょうか?」
A:はい、大丈夫です!!ダイビング直後の山登りや飛行機はダメですが、逆の場合は大丈夫です!!

⑤「雨が降っていてもできますか??」
A:はい、大丈夫です!!雨を楽しんで潜りましょう!!
台風や嵐などで行えない場合はこちらからご連絡いたします。(もちろんキャンセル料は発生しません)

⑥「5人一緒に潜りたいのですができますか?」
A:申し訳ありません、全員一緒同時にはお連れすることはできないので3人、2人などに分かれてもらうことになります。

⑦「どれくらい潜れますか??」
A:水深はだいたい5~7mくらいです。2本目はもう少し深く潜れることもあります。
水中にいるのは練習時間を合わせて30~40分くらいです。

その他なんでも気になることがあれば遠慮なく質問してください!!


「体験ダイビングメニュー」に戻る。